ゆいのふね
長良川の鵜飼屋地区に伝承される木桶仕込み製法で天然鮎を乳酸発酵させています
なれずしの購入方法、お召し上がり方につきましては商品紹介ページ​ をご覧ください
《特 徴》
長良川・鵜飼屋地区に伝承される木桶仕込み製法
川漁師の手で1尾ずつ丁寧に乳酸発酵させています
 
晩秋の長良川本流では瀬張網漁が盛期を迎えます。そこで水揚げさせた
雄鮎を生鮮状態で20日間ほど塩漬けし、その後木桶に並べてから30日間
の乳酸発酵です。
 
晩秋から新春にかけてじっくりと発酵させています。乳酸発酵のため、
骨まで柔らかく仕上がります。お腹に詰められたお米にも優しい甘味が
宿り、想像以上に爽やかな口当たりです